自動車を使用する中で「クルマよりもコンパクトで手軽な、車載できる乗り物が欲しい」と感じることはないだろうか。

例えば、カーシェアリングサービスを利用していて、自宅から駐車場まで距離がある。または、クルマを置いた場所から釣り道具を持って、自動車の入れない場所を徒歩以外で移動したい、など。

今回は、車載向けのコンパクトな乗り物を紹介する。

●スケボー(スケートボード)

持ち運びが容易で、車載が簡単なスケートボード。

ちなみに、道交法では「交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること」が禁止されている。人通りが多い場所など、周囲の迷惑になる状況では使用しないようにしよう。

また、電動スケボーは日本の公道走行は違反なので注意。

●キックスケーター

ハンドルがあるため、安心感のあるキックスケーター(キックボード)。ハンドルが折りたたみできるタイプであれば、コンパクトに車載できる。

こちらも、スケボーと同じく人通りが多い場所など、周囲の迷惑になる状況では使用しないように注意。

また、電動のキックスケーターは、日本の公道走行が可能な製品か、購入前によく確認が必要だ。

▼電動スクーター・電動式キックボードの法律上解釈(神奈川県警察)
https://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesf5018.htm

●折りたたみ式自転車

多くの日本人にとって馴染み深い乗り物、自転車。折りたたみできるタイプであれば、クルマに車載することも容易だ。

中には、折りたたみ自転車で、かつ電動アシスト機能がついた製品も。モーターやバッテリーが搭載される分、重くなるが、上り坂の多い場所での使用が想定されるならば検討の価値あり。

●折りたたみ式電動バイク

こちらは、折りたたみできる電動バイク。

電動アシスト自転車とは違い、ペダルをこぐことなくモーターの力だけで進むことができる。中には、原付カテゴリーながらペダル付きの製品も。

電動バイクであれば、車載しても車内がガソリンくさくなることもなく安心だ。

▼glafit公式オンラインショップ
https://ec.glafit.com/

クルマに乗り物を積む。それだけで、日々の利便性や楽しみ方の可能性が広がるはずだ。

すでに自動車を所有している人も、ぜひ「クルマに積める新しい乗り物」を検討してみては。

<関連リンク>
▼glafitバイク GFR-01(glafit)
https://glafit.com/product/glafit-bike/
▼glafitバイク取扱店舗一覧(glafit)
https://glafit.com/dealer/