モビチェン®(Mobility Category Changer)
<モビリティ・カテゴリー・チェンジャーの略>
※モビチェンは後付けオプション(工賃別途必要)となります。販売価格19,800円(税込)・2022年11月発売予定
GFR-02にモビチェンを付ければ、
1台で電動バイクと自転車を利用シーンに合わせて切替て利用できる!
  • 自転車として駐輪OK
  • 自転車に切り替えれば、遠回りせずに進める
  • バッテリー切れ時は自転車として安全な走路確保
操作はカンタン!3ステップでチェンジ
Step1 バイクの電源を切る
Step2 両手でモビチェンのボタンを押してロック解除
Step3 カバーを押し上げる

左:バイクモード時。ナンバーが表示され、電源が入りバイクとし利用できる。右:自転車モード時。モビチェンを作動しナンバーを覆うと自転車として利用できる。
必要な時に使える仕様を装備
万一のバッテリー切れ時でもmobileバッテリーでモビチェンを動かす分の充電ができ、モビチェンの起動を可能に。
また、バイク時は常時点灯が義務付けられているが、自転車時で電源を切っている場合でも、夜間など必要に応じてライトの入切りができる設計に。

不正な取付けを防ぎ、利用時の安全を担保する仕組み
POINT1
GFR-02の所有者の方のみへ販売(ネット販売不可)
POINT2
販売と取付けは、glafit販売店、メンテナンスショップでのみ可能
POINT3
バイク本体の電源をOFFにしないと起動しない設計
POINT4
走行中簡単に操作できない、電子制御を組み合わせた仕組みを採用
POINT5
各所でのデモンストレーションなどで安全利用啓発を実施
モビチェンFAQ

Q発売はいつですか?

A2022年11月頃を予定しております。

Q価格はいくらですか?

A19,800円(税込)取付工賃別

Q自転車モードの時自転車用の駐輪場に停められますか?

A自転車モード時は自転車の交通ルールを順守してください。モビチェンを起動させ自転車とした後に駐輪場にお停め下さい。駐輪場の管理者にご確認ください。

Q自転車モードの時進入禁止(自転車除く)に進入できますか?

A自転車モード時は自転車の交通ルールを順守してください。自転車を除く等のある場合、モビチェンを起動させ自転車とした後に進入可能です。

Q自転車モードの時バイク用のヘルメットを被る必要はありますか?

A基本的に原付との切り替えが前提ですので、原付用のヘルメット着用を推奨します。

Q自転車モードの時前後ライトやウインカーなどの灯火類は動作しますか?

A灯火類は利用可能です。

Q自転車モードの時アシスト動作はしますか?

Aアシスト自転車との切り替えは現在対応していません。

Q自転車損害賠償保険等への加入が義務化されている都道府県では、自転車損害賠償保険等への加入が必要ですか?

A基本的に原付扱いになりますので、原付に必要な保険に加入することになります。(自賠責保険は必須)

Qどこで購入できますか?

Aglafitショップでのみの販売となります。

Q自分で取付はできますか?

A取付けはglafitショップでのみ可能です。ご自身での取付はできません。

QGFR-02に標準装備されますか?

A現時点で標準装備にはなっておりません。後付けオプションでの取付対応となります。

QGFR-01に取り付けられますか?

A前向きに検討しています。

Q自転車モードの時、歩道を走れますか?

A自転車モード時は自転車の交通ルールを順守してください。自転車の走行が認められている歩道や自転車道の走行が可能です。

Qバイク走行中に自転車モードに切り替えられますか?

A走行中の切り替えはできません。停車後、電源オフにし両手で作業しないとナンバー表示の切り替えができません。

Q事故時は原付と自転車どちらとして扱われますか?

A基本的に原付扱いになります。

Q他社メーカーのバイクに取付けできますか?

A現時点では取り付けできません。

このページの先頭へ