ハードモビリティベンチャーglafit株式会社(本社:和歌山県和歌山市、代表取締役:鳴海禎造、以下glafit)の立ち乗り電動スクーター X-SCOOTER LOM が、今年度の「和歌山市チャレンジ新商品」に 認定され、尾花正啓和歌山市長から認定証を授与されました。
glafitとしては、平成29年度に認定された ハイブリッドバイクGFR-01に続き、連続での認定となります。
和歌山から世界を目指し地元の発展に寄与できるよう、今後も新しいチャレンジを続けて参ります。

左、X-SCOOTER LOMに跨るglait株式会社 代表の鳴海、右、認定証を手にする尾花和歌山市長

X-SCOOTER LOMは、相棒と出掛けるような気軽さと共に、バイクを操る楽しさを感じてもらえるような新しい⽴ち乗りタイプの電動スクーターです。楽しくスムーズで快適な短距離移動のモビリティとして、「Last One Mile」問題の解消や、コロナ禍の新しい移動スタイルを提供しています。

X-SCOOTER LOM

2020年5⽉28⽇(木)から先行予約販売を「Makuake」で開始し、3ヶ月間で約1.5億円もの応援購入をいただきました。地元和歌山にかける思いは熱く、本社を置く和歌山市で生産を開始いたしました。

X-SCOOTER LOMについて▶ https://www.makuake.com/project/glafit-lom

今後は「Makuake」で応援購入いただいたリターンの発送完了後に向け、一般予約販売を行う予定です。
一般予約販売のお知らせは、メール登録いただいた方に決定次第お知らせをいたします。
一般予約販売案内メール登録 ▶https://glafit.com/products/LOM/

【和歌山市チャレンジ新商品について】
和歌山市内の中小企業者が生産する優れた新商品や和歌山市初の商品として広く根付いていくことが期待される新商品を市が認定して PR に努める。また、認定商品のうち市の機関での使途の見込みがある場合は、当該商品を生産する企業をトライアル発注事業者として認定し新商品を優先的に購入できる。
和歌山市HP▶ http://www.city.wakayama.wakayama.jp/1016047/sangyoukigyousien/1002340.html

このページの先頭へ