スマートモビリティを展開するglafit株式会社(グラフィット、本社:和歌山県和歌山市、代表取締役社長:鳴海禎造、以下glait)は、新しい3C3Sコンセプト(Compact, Connected, Comfortable, Safety, Stability, Sustainability)を備えた電動スクーター「X-SCOOTER LOM」(読み:クロススクーターロム、以下LOM)を新たに開発し、応援購入サービス「Makuake」にて、2020年5⽉28⽇(木)15:00より先⾏販売を開始いたしました。

X-SCOOTER LOMは、相棒と出掛けるような気軽さと共にバイクを操る楽しさを感じてもらえるような新しい⽴ち乗りタイプの電動スクーターです。楽しくスムーズで快適な短距離移動のモビリティとして、「Last One Mile」問題解消や、コロナ禍の新しい移動スタイルの提案をしていきます。
プロジェクトページ : https://www.makuake.com/project/glafit-lom/

  • X-SCOOTER LOMについて

⽇本国内では第⼀種原動機付⾃転⾞にあたるLOMは、ステップに跨り⽴ち乗りで運転するスクーターです。
ライディング感覚はバイクのようでもあり、スキーのようでもある、新しい乗り⼼地を体験することができます。
LOMは前輪12インチ、後輪10インチの電動バイク⽤タイヤをセットすることで、⾛⾏にバツグンの安定性と操作性を実現しました。また、段差や⽯畳みなどのデコボコ道にも対応できるタフさを備えています。
一回の充電で約40km(※1)走行が可能。速度は「High:25km/h以上」「Mid:約25km/時」「Eco:約10km/時」の3モードからシーンに合わせてセレクトできます。また、350wの出力でパワフルな走行が可能です。
この新しいコンセプトの電動バイクは、デザインからフレーム設計、電気系統に⾄るまで全てglafitが⾃社開発し、本社を置く和歌⼭で組み⽴てを⾏います。

  • 3C3Sコンセプト(Compact, Connected, Comfortable, Safety, Stability, Sustainability)

  • ●Compact:折りたたみができ持ち運びに便利
    ハンドルやハンドルポストを折りたためるのでコンパクトに。もちろん⾞載も可能。
    オプションの取手をつけると転がして運ぶのが更に便利に。

    ●Connected:アプリ操作でバイクを管理
    本体のスイッチON/OFFが⾏えるほか、バッテリー残量・航続可能距離の可視化ができる専⽤スマートフォンアプリを提供。キーシェア機能により、家族や友⼈とのシェア利⽤も可能。

    ●Comfortable:クッション性のある快適な走行を実現
    前後でサイズの異なる大径タイヤを採用。スマートなルックスでありながら現実的な走行性を加味して設計されており、つまずきや転倒のリスクを減らし、両足を揃えた自然な体勢で乗れるのでバランスも取り易く操作もしやすい。

    ●Safety:保安部品を全て完備
    ヘッドライト、ミラー、ウィンカーなどの保安部品が付属しており、自動車や自転車からの視認性が高いので安心して利用できます。誤操作しにくいブレーキレバー、ディスクブレーキを採用。

    ●Stability: 段差の多い国内の道路を想定した設計
    自動車の車高規定などを参考に、道路走行時の段差等を考慮して設計することで、従来のキックボードでは乗り越えられないことが多い道路の段差も乗り越えられるタフな一台に仕上げました。

    ●Sustainability:長く使える環境に優しいスクーター
    バッテリーの着脱が可能なLOMは、バッテリー交換のみで長く利用することができます。バッテリーの寿命と共に廃棄になることが多いキックボードとは異なり、長く所有することで愛着がわくでしょう。
    もちろん、100%電動で排気ガスもでない、ECOなスクーターです。

    ●バッテリーは2サイズ用意
    基本セットされるバッテリーは48Vで航続距離約40km(試験環境 ※1)。
    その他にオプションの⼤容量バッテリーに交換することで航続距離約60Km可能(試験環境※1)。
    USBポートが標準装備されており、スマートフォンなどの充電も可能です。
    新開発のPanasonic製BMS(Battery Management System)モジュールを搭載。学習機能を備えており、走行すればするほど学習を積み重ね、ユーザーの行動に合わせた航続距離や電池残量をアプリで正確に表示します。

    ●100kgまで牽引できるミニトレーラーの接続が可能
    個⼈利⽤及びbusiness利⽤を想定し、様々な用途に適したトレーラーを今後受注⽣産オプションとして予定中。
    また、市販のミニトレーラーの接続も可能です。

  • スペック

  • LOM本体重量:14.0kg(バッテリー抜き)
    標準バッテリー重量:2.5kg
    対荷重:100kgまで
    タイヤ:前輪12インチ・後輪10インチ
    充電時間:約5時間前後
    走行距離:標準バッテリー、満充電状態で約40km(※1)※プロトタイプスペックのため、デザイン・スペックが変更になる場合があります。
    ※変更については随時Makuakeの活動レポートにて報告をいたします。<※1>
    荷重55kgの場合の理論値です。
    走行距離はバッテリーが最も良い状態におけるものです。気象、道路、整備、乗り方などの使用条件や、経年劣化などにより実際の走行距離とは異なる場合があります。走行距離は満充電後バッテリー残量がなくなるまでに走行できる距離の目安です。坂道や荷物が多いほど、バッテリーは早く消耗します。特に、電動バイクはアシスト自転車と比べて荷重の影響を非常に強く受けます。
  • カラー
  • カラーは4色をご用意しております。 ホワイト/モカベージュ/スカイブルー/マットブラック
    ■LOMの先⾏予約販売はMakuakeにて、最大30%OFFで⼊⼿出来るチャンスは8⽉25⽇(火)まで!
    プロジェクトに参加して、LOMをGETしてください。
    プロジェクトページ : https://www.makuake.com/project/glafit-lom/  
  • 国内先行販売に寄せて

2020年1月、私たちglafitはLOMを引っ提げ、世界に打って出る第一歩をラスベガスのCES会場で迎えました。
キックボードにはないタフさや旋回性、デザイン性、また環境配慮にもつながるバッテリーの取り外しなど、海外メディアでも大きく取り上げられ、上々の滑り出しとなりました。2月にはkickstarterでのクラウドファンディングを開始し、1日でsuccessしたものの、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受け、LOMの製造に必要な部材の調達、そして物流網への甚大な影響により断念するに至りました。
LOMを応援して下さる多くのファンの方々に応えるべく、使用部材、配送地域、配送時期、物流網、利用プラットフォーム等を再度ゼロベースで再検討し、本日、製品発表を行い先行予約販売を開始できることを大変うれしく思っております。また、この数ヶ月時間ができたことで、アメリカで発表したプロトタイプよりも更に改良を重ね、現時点においても改良を続けておりますので、よりよいLOMに仕上がることをご期待下さい。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の早期事態収束を祈るとともに、乗り物を単なる移動手段ではなく、『移動が楽しく、快適に』なる付加価値のあるモビリティを皆さんにお届けして、私たちの新しい未来に役立つことを願っています。

  • glafitについて

  • glafitは、2017年5月、Makuakeにて『自転車+バイク=glafitバイク スマートな折り畳み式電動ハイブリッドバイク』のプロジェクトを開始し、応援購入総額1億2800万円超えを達成し、当時の支援販売額の日本記録を樹立しました。「glafitバイク GFR-01」として現在は全国で販売され、多くのファンに愛用されています。glafitは『日本を代表する次世代乗り物メーカーになる』ことを目指すモビリティベンチャーです。
    glafitとは、「みんなの毎日の生活がより笑顔になるように」と願い、”glad”と”fit”という2つの言葉から私たちが創りました。私たちの製品・サービスを日本中、世界中の人々にお届けし、お客様の生活がより笑顔になるようにしたいと思っています。
    glafit®のスピリットは、『funride & fundrive』。
    お客様の乗り物を単なる移動手段ではなく、『移動が楽しくなる』ような付加価値のあるモビリティを提供することで『funride & fundrive』へ導きたいと願っています。

このページの先頭へ