2019年10月17日
glafit株式会社

glafit株式会社(グラフィット、本社:和歌山県和歌山市、代表取締役社長:鳴海禎造、以下当社)は、モビリティ分野で初となる「新技術等実証制度※1」(いわゆる「規制のサンドボックス制度」)の認定を取得しました。今回、モビリティ分野では3事業者(株式会社mobby ride/株式会社Luup / glafit株式会社・和歌山市)が同時に認定を受けております。

電動マイクロモビリティを扱う3事業者が同時に規制のサンドボックス制度の認定を受けたことで、昨今の高齢化による免許返納問題や、地方における交通環境問題、都市部での公共交通混雑問題等々、既存の交通手段だけでは対応しきれない、ラストワンマイルなどの移動の課題を解決していく社会実装を念頭に置いた実証実験を実施することで、マイクロモビリティの社会実装を進める第一歩にしていきたいと思います。

  • glafit株式会社と和歌山市は、glafitバイクの車道以外での走行も視野に公道実証を実施

当社は、和歌山市と共同にてサンドボックス制度の申請を行っており、和歌山市内にて11月より実証実験を行います。
glafitバイクGFR-01は、現行規制では、原動機付自転車と区分される為、いかなる場合でも、通行できるのは車道のみとなります。こうした状況について、ユーザーのニーズや安全面に関する意見を踏まえ、日々の近距離移動における社会課題、とりわけ都市部の渋滞問題や地方交通の問題、また昨今深刻になっている高齢者の免許返納後の移動課題も視野に入れ、公道にて通行区分の走行実証を行い、安全性などを実証していきます。

※1「新技術等実証制度」(いわゆる「規制のサンドボックス制度」)は、新しい技術やビジネスモデルを用いた事業活動を促進することを目的に、生産性向上特別措置法(2018年6月6日施行)に基づき創設されました。
本制度は、参加者や期間を限定すること等により、既存の規制の適用を受けることなく、新しい技術等の実証を行うことができる環境を整えることで、迅速な実証を可能とするとともに、実証で得られた情報・資料を活用できるようにして、規制改革を推進する制度です。

参考リンク
内閣官房 新技術等社会実装推進チーム
(規制のサンドボックス制度 政府一元的総合窓口)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/regulatorysandbox.html

  • glafitバイクGFR-01について

glafitバイクGFR-01は、「人々の移動をもっと便利で、快適で、楽しいものにする」というコンセプトのもとつくられた、見た目は自転車、中身は電動バイクの、ありそうでなかったそれぞれの良いところを備えたハイブリッド型の次世代乗り物。ハイブリッドバイクという名前の通り、バイク走行・ペダル走行に加え、バイクと自転車の両者を掛け合わせたハイブリッド走行が可能な『100%電動の漕げる折りたたみ原付』です。
詳細は下記オフィシャルサイトをご覧ください。
https://glafit.com/product/glafit-bike/

  • glafit株式会社の概要

所在地:和歌山県和歌山市出島36-1
代表者:代表取締役社長 鳴海 禎造
資本金:2.7億円(準備金含む)
社員数:14名(令和1年10月1日現在)
設立年月日:2017年9月1日
WEBサイト:https://glafit.com/