お知らせ

8.242017

Makuake内「glafitバイク用バッテリーパック 」量産モデル完成、 リターン追加決定!

皆さま、いつも応援ありがとうございます。

本日はバッテリーパックの量産モデルが完成した事をご報告申し上げるとともに、最終仕様が製品発表時と異なりますので、ご説明申し上げます。
今回特に重視したのは、バッテリーの「サイクル寿命(注1)」と「動作温度域」です。

まず、製品発表時に想定していたLG電池は、メーカー公表でサイクル300回(注1)でした。
これに関しては非常に多くの方がもう少し長いものを望まれていた為、サイクル500回(注1)まで対応しているものに変更いたしました。

もうひとつ、安定動作を行う温度域を考慮いたしました。
既に質問頂いた方の中にも、寒い時の性能低下を気にされるご意見が多く有りました。
実際、リチウムイオンバッテリーの特性上どうしても温度変化による性能低下は避けられません。ただ、今回はできるだけより広い温度域の幅に対応できる電池を採用する必要があると判断しました。
この結果、-20℃~60℃の範囲でより安定した動作が見込めます。
最大容量の数値がの若干下がっているは、電池の種類が変わった事で、単セルと言われる内部電池の仕様違いによるものです。

詳しくは電池スペック数値を表にまとめてみました。
黄色の色を付けた箇所がスッペク上以前より向上した部分になりまして、赤色の文字の部分が数値的に下がった箇所になります。

バッテリースペック

今回クラウドファンディングを実施した事で、支援額のみならず、たくさんの方のご意見・ご指摘、専門家のアドバイスを賜り、より良い製品の完成に皆さまのご支援を頂きました。この結果、現在わたし達が考えるベストな仕様のものを作れたと考えております。

また、仕様決定に伴い、大変お待たせいたしておりました、バッテリーパックの単体リターンも追加させて頂きます。
【今回のリターン追加】
単体バッテリーパック
単体充電器
単体のフレームバック

どうぞご検討宜しくお願い致します。

glafitスタッフ

(注1)
サイクル寿命とは、想定回数の充電を行ったあと新品時と比べて約80%の性能を保っている範囲です。
サイクル回数を超えても、すぐ使えなくなるわけではありません。

過去の記事

  1. 9.92017

    ハイブリッドバイク「glafitバイク・GFR-01」予約販売開始のご案内 

    いつも応援ありがとうございます。

  2. 9.42017

    glafitバイクがテレビ番組に取り上げられました

    皆さま、いつも応援ありがとうございます。

  3. 9.22017

    プロジェクト成功の御礼と今後について

    支援者の皆さま、チームのみんな、和歌山の皆さま、日本中の皆さま、この度は私たちのプロジェクトを大成功...

記事のおすすめ

  1. ISAC燃費テスト

    2016.6.23

    ISACをつけると燃費はさがるのか!?

    アイドリングストップ機能をストップさせるISAC実際にスタッフの車両でテストしてみました!&...
  2. hid_pp

    2016.6.8

    TOYOTA iQにglafit HIDフルキット

    glafit HIDフルキットiQのヘッドライトにD4S/6000KのHID、フォグランプに...
  3. fp2135_p

    2016.5.28

    glafitHIDシステムのバラストが新しくなりました。

    新型タイプのバラスト...
ページ上部へ戻る