満員電車のストレスから解放 通勤時間を快適に! Makuakeにて過去最高2ヶ月で1億円以上の出資 ※1 販売台数わずか1年で約3000台突破 充電は1回10円以下!約40kmの走行が可能※2 ※1 クラウドファンディング比較サービス「ランクラウド」調べ ※2 荷量50kg 時速25km/hでのテスト走行

glafitってどんな乗り物?

glafitバイクはちょっとしたお出かけや、買い物にもちょうどいいサイズ。自転車の駐輪場にも停めることが可能で、通勤・通学にも便利。折りたたみ・持ち運びも可能なため、 使わないときはオフィス等にも保管が可能です。
ペダル走行モード 今までになかった利便性。 モーターをまわさず、ペダルだけの走行が可能。電動アシスト自転車のようにペダルは重くなりません。万が一、バッテリーが切れそうになった時も、自転車のように乗ることができます。  ペダル走行モードでも、原付扱いの為、歩道は走れません。ヘルメットも必要になります。
電動バイクモード パワーにも自信あり。ハンドルにスロットルがついているので、バイクと同じような走行が可能!スロットルを回すだけで軽快に走り出し、風を切る感覚はglafitバイクならでは!
ハイブリット走行モード 今までになかった利便性。“自分の足”と“モーターのパワー”の両方を使うモード。電動アシスト自転車とは違い、ペダルを漕ぐ足のパワーとモーターのパワーのそれぞれの力を使って前に進みます。未体験の加速感を感じることができます。坂道では特に楽に移動することができます。
glafitバイクは、法律上は原付扱いとなります。ご購入時には下記の点ご留意ください。

各種メディアでも大反響

各種メディアでも大反響

glafitが人気な3つの理由

圧倒的なランニングコスト
工具不要!車体を折りたためる 自動車や電車でも楽々運べる glafitバイクは、工具を一切使うことなく、車体を折りたたみ、持ち運ぶことができます。車体を折りたたむことで、電車や自動車に乗せるなど、他の移動手段と併用することもできます。また、家や職場などに、コンパクトに保管することができます
鍵に指紋認証システムを採用したことにより キーレス・優れた防犯性能・スマートスタートを実現 指紋は20人分まで登録できるので、数人で乗ることも可能!公道を走るために必要な保安部品のうち照明類はすべて高効率LEDを採用し、消費電力を抑えつつも、保安基準を満たす安心設計です。 また、安心のディスクブレーキ採用で悪天候でも安心走行!

glafitバイクを動画で見る

glafitを買うなら今がお得!

本体価格150,000円(税込)

送料無料

3年間安心保証

限定カラー 200台数
限定モデル
ウメボシレッド
みかんオレンジ
ファッションカーキ
スーパーブラック
ホワイトツートーン
お買い物画面へ進む

続々届くお客様の喜びの声

東京都の吉村さん(男性 28歳) 通勤のためにglafitを購入しました。毎朝の満員電車で2駅分の通勤だったのですが、クラウドファンディングでglafitを見つけ早速購入しました。満員電車に乗らなくて済むようになったのはもちろん、駅から会社までの往復も不要になりました。会社の駐輪場や、家でも折りたたんで保管ができるので場所も取らず助かっています。1回の充電にかかる費用も10円以下なので、定期代も節約できて助かっています!

メーカー保証について

取扱説明書に従った使用状態で、下記期限内に品質不良や欠陥が生じた場合には無料で修理を受ける事ができます。 フレーム:ご購入より2年 バッテリー:ご購入より1年※1 駆動ユニット:ご購入より1年 フロントフォーク:ご購入より1年 加入手続き・加入料金 不要! glafitの電動バイク全モデル対象 ※取扱説明書及び購入した日付が確認できる書類を大切に保管ください。

glafitを買うなら今がお得!

本体価格150,000円(税込)

送料無料

3年間安心保証

限定カラー 200台数
限定モデル
ウメボシレッド
みかんオレンジ
ファッションカーキ
スーパーブラック
ホワイトツートーン
お買い物画面へ進む

Q&A

法律・ルールについて

原付1種になりますので、原付1種または普通自動車、中型自動車、自動二輪などの運転免許が必要です。glafitバイクを運転中は免許証必携となります。

「第一種原動機付自転車」と同様に1名になります。

原付1種となりますので、公道を走行する場合、ナンバー登録が必須です。

「第一種原動機付自転車」となりますので、加入が必須です。

走行時は常時ヘルメットの着用が必要です。ペダル走行のときもヘルメットが必要です。

glafitバイクは、日本国外での使用を想定しておりません。海外でのご使用はご容赦ください。

glafitバイクは、飛行機に乗せることができません。
国際民間航空機関でリチウムイオン電池バッテリーの預け入れによる輸送を禁止しております。リチウム含有量が2gを超える場合、またはワット時定格量が160Whを超える場合は機内へお持込みもお預かりもできません。glafitバイクに利用しているリチウムイオンバッテリーの出力は160Whを超えるため、上記に該当するものです。

glaft車両本体について

3.2barもしくは320kPaが適正空気圧ですので、このあたりを目安にお使いの空気入れのゲージ単位に合わせてご確認ください。尚、積載荷重によりますので各々適正な空気圧でご利用ください。

電動車のため、ガソリンエンジンのように排気量何ccと言う表現は当てはまりません。定格出力で0.25KWとなります。交通法規、税金の適用は、原付1種の50ccのスクーターやバイクと同じ扱いです。

一充電あたりの走行可能距離は、約40km(乗員重量50kg、バッテリー新品、気温25℃、平坦な舗装路、無風、定速走行)です。天候や荷重など使用条件により異なります。

100キロ迄となっています。

約30km/hです。路面状況や荷重など、使用条件により異なります。

登坂能力は、荷重だけではなく侵入速度や走行距離など複合的なもので変わってしまうため、一概に言えません。上り坂では、平地よりも速度は遅くなります。電動バイクモードのみでは登りきれないような急勾配の坂もありますので、その時々に応じてペダルを漕いで対応いただけます。

電動バイクとしての特別なメンテナンスは不要です。

約18kgです。※約70kgの通常の原付と比較して1/3以下と軽量で扱いやすくなっています。

通常の雨なら大丈夫です。ただし、極度に激しい雨や、人為的に水をかける行為で内部の電気回路が濡れた場合、あるいは道路が冠水した場合には故障する可能性があります。

登坂を含んでの走行は、平坦な路面を走行するのに比べて走行できる距離が短くなります。

厳しい管理体制のもと、中国自社提携工場で生産しています。OEM生産ではありません。

PSEマークに対応しています。

カスタマイズをされている場合は保証対象になりません。全て自己責任となります

工具は必要なく、どなたでも簡単に折りたたみや組立てが可能です。

通常時:全長=1,250mm 全幅=590mm 全高=1,050mm
折りたたみ時:全長=710 全幅=395mm 全高=620mm
です。

glafit株式会社にてお預かりの修理を行います。故障や修理については、サポートダイヤル【050-3852-2622】にお電話頂きましたら、状態の確認をさせていただき修理の手配を行います。お客様のところに、ダンボールをお届けしますので、バイクをglafitの和歌山本社に返送頂きます。故障個所の修理・点検を行い、お客様のもとにバイクをお戻し致します。

充電・バッテリーについて

LG製バッテリーセルを採用しています。電圧36V、バッテリー容量9.6Ahです。

AC100Vの家庭用コンセントで充電できます。車体本体に入れたままでも、車体から取り外しても充電が可能です。

必ず、雨の当たらないところを選んで充電してください。感電する恐れがあります。

通常の充電時間の目安は4時間です。実際には使い方や温度、消耗状況により変わります。

空の状態から満充電までを500サイクルお使いになった場合、初期の80%程度まで容量が低下します。なお、寒い冬などではバッテリー性能が少し落ちますが、暖かい季節環境になるとまた性能を得られるようになります。

パワー、走行距離、充電時間に影響を受けます。性能や航続距離がご使用に足りなくなったと感じたら、バッテリーを新品と交換して下さい。なお、バッテリーは自然放電するため、使用しない時は月に1回の満充電を行うことがバッテリーに優しい使用方法です。また、利用しないときはバッテリーを抜いておくと自然放電を防げます。

毎日乗らない場合などは、バッテリーを取り出し屋内に保管頂くことでバッテリーの放電を減少させることができます。また、特に寒場は放電が激しくバッテリーの減りが早い場合があります。この場合も暖かな場所でバッテリーを保管頂くことで放電を減少させることができます。

オプション等について

オプション品はこちらをご覧ください。スーパーオートバックス、一部のオートバックス各店舗でお買い求めいただけます。 また、 glafit公式オンラインショップでもお求めいただけます。

「glafitオリジナル折り畳み式輪行ハードケース」「glafitオリジナル 折り畳み式輪行ソフトケース」がございます。

現在、glafitバイクのデザインに合わせたものを検討中です。販売開始時には、公式サイトなどでご案内いたします。

フロント(前輪ライト上)には、カゴを取付けるための穴が空いています。お客様にてカゴをご用意して頂き、取付けが可能です。 また、ただ今荷台は開発中です。販売開始時には、公式サイトなどでご案内いたします。

現在カタログを準備中ですので、しばらくお待ちください。
なお、アクセサリーパーツも公式オンラインショップで購入頂けます。

ご購入いただく上での
ご留意事項

01ナンバー登録が必要です
公道を走るには、軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請(ナンバー登録)が必要です。glafitバイク本体に付属している「出庫証明及保安証明書」、各市町村役場で交付される「軽自動車税申告(報告)兼標識交付申請書」に必要事項を記入のうえ、印鑑(認印)、身分証明書(免許証・保険証など)を持参し、各市町村役場にて申請ください。
02自賠責保険への加入が必須です
glafitバイクをご利用頂くにあたって、自賠責保険へご加入頂くことが必須となっております。コンビニにて、ナンバー登録時にもらえる標識交付証明書の内容に基づいて申込書に必要事項をご記入のうえ、必要な契約期間に応じた保険料をお支払い頂くことで、自賠責保険にご加入いただけます。
03ヘルメットの着用が必須です
ペダル走行モード、電動バイクモード、ハイブリッド走行モードに関わらず、原付1種扱いになりますので、ヘルメットの着用が常時必須となります。
04免許の携帯が必須です
この車を一般公道で運転するには、第一種原動機付自転車を運転することができる免許が必要です。
05車道を走る必要があります
glafitバイクは見た目は自転車に近いですが、公道において、法律上は常に「原付バイク」として扱われます。したがって、ペダル走行モードであっても、歩道の走行は禁止されておりますので、車道をご通行ください。
06バッテリー切れ時には
ペダル走行モードでも
走行することはできません。
glafitバイクは公道において、法律上は常に「原付バイク」として扱われます。したがって、バッテリー切れ時には原付バイクの基準(ヘッドライト点灯、右左折時のウィンカー点滅)を満たせませんので、バッテリー切れ時には(ペダル走行モードでも)走行することはできません。※バッテリーが残量が少なくなり、モーターによる電動走行ができなくなっても、ウインカーやヘッドライトの電力は1時間以上は保持できる仕様になっております。
glafitハイスペック
お買い物画面へ進む